×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウィキペディアのお買い得情報

TOPページ | 次のページ

爆乳ウィキペディア [DVD]
価格: 2,940円 レビュー評価: レビュー数:
ウィキペディア・レボリューション―世界最大の百科事典はいかにして生まれたか (ハヤカワ新書juice)
価格: 1,470円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5
辞書を引かなくなりました。
語弊のある言い方をすると、ウィキペディアを初めとする、web辞典のせいです。
人のせいにしているだけですが、、、

世の中はいそがしく、知らないことよりというとバカにされ、昨日覚えた半可な知識で今日プレゼンしなければいけません。
ウィキの即応性は、時代の要請といえるかもしれません。

さらに、ウィキのレボリューションは、辞書にはのらなず消えていくはず言葉や、たしかめることが容易でないこと、を載せていることもあげられます。
たとえば、”スイーツ(笑)”で検索をかけたところ
クラウドソーシング 世界の隠れた才能をあなたのビジネスに活かす方法
価格: 1,890円 レビュー評価:4.0 レビュー数:6
買いそびれていたので改めて購入。
私には大体知っている業界(企業)動向だったので自分の頭の中の
漏れを埋めるのには役立ちました。
クラウド化を利用した海の向こうのネット業界動向を知りたい人、ヒントが
ほしい人には最適です。
残念なのは挿絵が多い・・。これを省いてページを削れば
もっと安価にできたのでは?と思います。
Wikipedia ウィキペディア 完全活用ガイド
価格: 1,050円 レビュー評価:4.0 レビュー数:6
どんなキーワードでネット検索しても、たいていウィキペディアのページが上位に表示され、お世話になる機会も多い。それだけ欠かせない存在になっているウィキペディアだが、「どれくらい信頼できるのか」「著作権はどうなっているのか」などと思うことも多いのではないか。いくらネット上で説明してあっても、ネット自体の信頼性に不安があるとなると堂々巡りである。そうした不安や疑問を感じている人にとってはバイブルのような1冊である。ただし、あくまでウィキペディア側からの説明であることと、著作権関係の部分でもう少し突っ込んだ内容がほしかったという点で、完全に不安が解消されるわけではない。しかし、手元に置いておきたい書
新世紀ビジュアル大辞典 V2
価格: 10,290円 レビュー評価: レビュー数:
クリック!「指先」が引き寄せるメガ・チャンス
価格: 2,100円 レビュー評価: レビュー数:
グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?―Web2.0によって世界を狂わすシリコンバレーのユートピアンたち
価格: 1,995円 レビュー評価:3.5 レビュー数:3
 自己満足のブログも増加している。ネット情報のモラルの低下もある。この
先はどうなるのか? それは誰にもわからない。 そんなにモラルを高めない
といけないのか? それは誰にもわからない。

 グーグルの未来は? 新しい検索エンジンの仕組みにより「グーグル」から
変わることはあるだろう。

 ウィキペディアの未来は? 質が悪ければ破綻する。見向きもされなくなる
だろう。それは誰にもわからない。

 YouTubeの未来は? 無数のアマチュア作品ではなく、プロの作品(若しくは
ウィキペディア革命―そこで何が起きているのか?
価格: 1,785円 レビュー評価:2.5 レビュー数:2
 大学院生の執筆によるためか、訳のせいなのかどうかわからないが、読み辛い。
また、フランスの百科事典や辞書には詳しく無いので、例に上がっている文献
の理解度はいまひとつ。 
 ウィキペディアの内容もTV、アニメ、マンガ情報などには詳しいので役立つ
こともあるが、今後に期待。
ウィキペディアで何が起こっているのか 変わり始めるソーシャルメディア信仰
価格: 1,890円 レビュー評価:3.5 レビュー数:3
ウィキペディアについては元来が「みんなの言うことは大体正しい」という前提を基に編纂されている辞典であり、
大方の項目は完全ではないにしろ正しい記述になっているのではないでしょうか。

本書では正確な記述を行う際の議論や法律の問題などに踏み込み、
現時点ですでに起こっている問題点を指摘している。

確かに本書で挙げられている点については、なにがしかの答えを出して、
乗り越えていくべき懸案ではあるのでしょうが、
ウィキペディア全体の信頼性が云々というのは正直拡大的にとらえすぎているように感じられた。
ぼくたちが考えるに、 マスコラボレーション時代をどう生きるか?
価格: 1,890円 レビュー評価:3.0 レビュー数:1
「訳者あとがき」にある通り、“イギリス版の少し遅れてきたWeb2.0礼賛の所”です。まさしく。さまざまなウェブ上での現象や流れなどを記録(簡単な歴史)としてあるだけですので、目的によっては使い勝手の良い本だと思いますが、そういった事実を既にご存知の方には、緩慢で退屈なだけとなることでしょう。どうしてそういった現象や「協働」がおこなわれているのかを知りたい方は、Tribes: We Need You to Lead Usを読まれるとよいでしょう。同様の事実を綴りながらもそういった人達の動機付けなどについても記されています。